リニューアルされた世界らん展・・・まだ発展途上

世界らん展2019はリニューアルと
聞いて、期待して初日に訪れた。
オーキッドゲートがお出迎え!
高さ5m、幅約20m未だかつてない
巨大なゲートたっだ。


今回期待したのは、西畠清順さん
プロデュースするシンボルロード
とシンボルモニュメントであった。

彼はプラントハンターとして、世界中
の秘境にある珍しい植物を収集して
ます。

代々木ビレッジ内には、樹齢
500年以上のオリーブの樹等が
鑑賞できる。

話を元に戻そう。
このシンボルロードの両サイドには
不思議な巨木が立ち並び、30m先
には、日本大賞の蘭が展示されていた。


前方に見える「シンボルモニュメント」
である「そらの木」。ライトアップ
されたその木は、色とりどりの
光り輝く色で、会場内を明るく照らし
てます。

今回の最大目玉・シンボルモニュメント
は、「そらの木」リニューアルとして
成功であった。

シンボルロードに並んだ上位入賞作品
や日本大賞の紹介をしていこう。

最高賞:日本大賞
パフィオペディラム属エメラルドゲート
「グリーングローブ」

数年前にもパフィオペディラムが選
ばれたが、華やかさは無いが、落ち着きと
品格があった。
—————-

優秀賞:英国王立園芸協会特別賞
カトレア属シュロデレー・アルバ
「ヘラクレス」
—————————–

アメリカ蘭協会特別賞:
デンドロビューム属長生蘭・「朱天王」

————————-

優良賞:リカステ属サガノ「アワユキ」
名は体を表すそのもので素晴らしかった。
—————-

世界蘭会議委員会特別賞
パフィオペディラム属ワーディー

「スーパークール」
——————————–

世界らん展2019の動画も
ご覧下さい。(Youtube:)

今回の世界らん展は、リニューアル
として盛沢山であった。

①西畠清順さんプロデュースの
 シンボルロード&モニュメント
②イロトリドリの世界
③Japan Bptanical Style
④日本いけばな三大流派
➄食虫植物と神秘的な花々
⑥世界初公開「光るシクラメン」
➆假屋崎省吾の世界
⑧志穂美悦子の世界
➈IKKOのオーキッドルーム
➉光と花のシンフォニー
⑪Flower cafe
⑫ライトアップとイベント








—————————————-

まとめと提案:
上記のリニューアルの部分は見えたが
不満や課題が残った。

毎年世界らん展はマンネリ化して、
運営上もやってゆけないとの声も
聞こえてきた。

本当に活性化出来ないのでしょうか?

1.考え方として世界らん展の理念
とビジョンを明確化すること

2.スマホ全盛の時代の若い世代の
集客を考える

3.プロジェクトマッピングや
AIやスマホアプリを使った集客と
演出

4.プロデューサーの若返り!

5.夕方18時からのイベントの内容
を盛沢山にする

6.世界らん展のディスラプション。
創造的破壊志向で展開する。

以上、世界らん展大ファンとして
今のままでは、運営もままならない。

今一度、基本の立ち返り、最新の
ITテクノロジーを使った未来志向の
世界らん展プロジェクトが立ち上がる
ことに期待したい。

ここまで読んで頂き、ありがとうご
ざいます。
面白かった、為になったと感じたら、
「twitter」や「はてなブックマーク」

ボタン押してして頂けると嬉しいです。
モチベーションアップにつながります。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください