プラントハンターって凄い!

私の代々木事務所の近くに、代々木ビレッジがある。

その中に、そら植物園が代々木ビレッッジ
の植物を提供してます。

入口を入って右手にスペインから輸入された、
オリーブの樹が存在感を示しています。

なんと「樹齢500年を超えるオリーブの樹が
どっしりと出迎えてくれる。
IMG_1334

この「樹齢500年を超えるオリーブの樹」を輸入した人がいる。

プラントハンター西畠清順さんだ。

彼は、植物問屋「株式会社 花宇」の5代目、日本に入ってきていない
珍しい植物を世界中から追い求める。

西畠清順さんと初めてお会いしたのは。2年前に幕張メッセで
開催されたIFEX「国際フラワーEXPO」だった。
223360_4678501881503_301674504_n

なんとその会場で「樹齢1000年のオリーブの樹」を展示してました。

今迄見たことのない存在感、生命力あふれるオリーブの期を
目の当たりに見ることが出来ました。

P1030271

 

そもそもプラントハンターとは、17世紀から20世紀初頭にかけて、
ヨーローッパで活躍した人たちのこと。

王族や貴族のために世界中の珍しい植物を求めて冒険をし、
花の苗や種を
持ち返っていました。

ペリーが黒船で来日したした時にも2名のプラントハンターが
同船して、日本で植物採集をして帰ったとも言われています
(著書:プラントハンター 西畠清順 )

あらゆる職人仲間から「絶対不可能」と言われた樹齢1000 年の
オリーブの大木をいかにして輸入したエネルギーが何処にあるのか。

IFEXの展示ブースにて、西畠清順さんがにこやかに
応対してくれました。

まとめ:
1.プラントハンターの使命とは、植物の力を借りて
人の心を豊かにすることである。

2.人間の欲望が行きつく先は、「植物」だとセレブの言葉が
心に残ってます。

物質的にどれだけみたされて豊かな生活を送っていても、
どうしても埋められないものがある。
それを埋めるものが、「植物」である。

3.不可能が可能になる。
人との出会いとチャレンジする精神を信じて行動する
ことで、樹齢1000年のオリーブの輸入することが出来た。

都心代々木駅の近くに「代々木ビレッジ」があり
西畠清順さんの輸入した「樹齢500年を超えるオリーブの樹」

が出迎えてくれます。ここには、季節に応じた世界中の珍しい
植物を見ることが出来ます。

お天気が良い時は、私の足は、ビレッジへ向ってます。

動画:情熱大陸出演 プラントハンター 西畠清順

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

面白かった、為になったと感じたら、「twitter」や「はてなブックマーク」
ボタン押してして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください