母の日に思うこと-2 (胡蝶蘭が1年間咲き続けた!)

母の日が近づいて、驚いたことがあった。
昨年贈った胡蝶蘭が、1年たった現在、まだ咲いていると事実である!!
この業界の人に聞いてみても「半年は持つけれど・・・聞いたことがありません。」
との答えが返ってくる。

002

私の母は6年前に亡くなり、昨年は、義母に弊社が取り扱ってる産地の
ミディ胡蝶蘭を贈った。

  • 義母は、お花好きで日頃からお部屋やベランダに、

鉢植えのお花を置き楽しんでいる。

140305_1723

2013年5月11日   昨年の母の日

 

055

 2014年1月5日 お正月 

140503_2200~02

2014年5月5日子供の日

  写真でご覧のように、7か月経った今年のお正月の時点でも
しっかりと花を付けてます。

さすがに1年目の5月には、2輪だけでしたが、生命力を誇示してます。

では、長持ちさせるのは難しいと言われている胡蝶蘭、
何故この様に長持ちしたかをの原因を調べてみた。

【長く咲かせるコツ】

1.環境が良いこと。

ガラス越しの日差しに当てる。

義母は、マンション住まいで直射日光が当たらない
ガラス越しの場所で育てている。

2.水は鉢の表面が乾いてからあげること(特に重要です)

3.気温が15度を下回ってきたら、室内に入れる。

母の日を前にして色々考えてみた。
母が1年間も 胡蝶蘭を咲かせ続けたことには、

それなりの理由がありました。

人間の育て方に相通じるところがあります。
手を掛け過ぎて水をやり過ぎても、上手くいきません。

まず第一に「愛情」を持って育てること、

後は適度にお付き合いすることが重要です。

母の日に贈った胡蝶蘭をとおして、人も胡蝶蘭も育て方の
根本は変わらないことを改めて胡蝶蘭から教えてもらいました。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

面白かった、為になったと感じたら、「twitter」や「はてなブックマーク」
ボタン押してして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください