蘭の妖精「オルキス」・・・日本初公開・世界らん展

今回の世界らん展の目玉である「蘭の妖精(オルキス)」・・・
可愛らしい蘭の妖精のように見えると表現されていた。

25周年を迎える今回は、世界らん展の目玉であるので
興味深々、そのブースに行ってみた。
「蘭の妖精(オルキス)」は、プラスチックのケースに
入れられ、とっても小さな花びらを付けていました。

IMG_6521

「オルキス」は英語のオーキッドの語源となった蘭で、
地中海沿岸地方に自生しています。

今回展示する種「オルキス イタリカ」は妖精のような形
をした花を咲かせるため、

「裸の人の蘭」という俗名がついています。
FullSizeRender (5)

妖精とも見えますか・・・・・写真を美しく撮るのは
非常に難しい。

この「オルキスイタリカ」、世界らん展会期にあわせて、
大事に大事に育てたそうです。
FullSizeRender (6)

 

日本初公開で、ブースには、警備員が監視をして
花の可愛さが、チョット半減してしまいました。

動画で「オルキス」をご紹介いたします。

是非、一度足を運んで観賞して頂ける価値はありますね。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください