起業への思い・感動こそが最大の戦略である!

私は定年後に起業しました。
起業した理由は、
「サラリーマンの定年後の人生を豊かにする」
ためです。

 

起業のまでの変遷は、私のプロフィールと

「起業への思い」で詳しく 述べてありますので
ご覧ください。

さて今日の本題は、

起業をすることを「目的」にしてはならない。

まずは企業のミッション、ビジョンが重要です。
起業を目的にしてしまいますとすぐに行き詰ります。

 

企業は「ゴーイング・コンサーン」
継続的に 成長し社会に貢献することを目指しています。

 

946632_552605671441413_243639852_n-300x149

そこで重要なのが、
企業の理念・経営戦略 (ミッション・ビジョン)です。

これを明確に掲げない企業は、

存在意義や 方向性が見えなくなり行き詰ります

私が起業するときに考えたのが、
「ミッション」であり「ビジョン」でした。

そのキーワードがまさに「感動」を生み出すビジネスでした。

 

1009775_213670302116583_1976718574_n-300x209

具体的には
「胡蝶蘭をとおして、贈る人の気持を贈られる人に伝え、
お互いに「感動」していただけるサービスを提供する」

 

「感動」こそが最大の戦略である」と私の友人でもある
山元賢治さん(元アップル・ジャパン社長)
以下のように述べてます。

「これからのビジネスの「新しい当たり前」で、

決定的に重要なことは、「感動」を生み出せるかどうかです。

 

ソーシャル時代に顧客一人ひとりに対して、
「感動」という体験を提供するとことは、

これからの企業の最大の戦略となるはずです。」(山元賢治著)

 

以下ご覧ください!
伝説の元アップル・ジャパン社長の 40講義
「これからの世界」で働く君たちへ

51Rmd1UBqwL._SS400_

 

私が胡蝶蘭に出会ったのは、前職の時代
生産者へ訪問しその魅惑的な表情を醸し出し、
見る者を癒してくれます。

 

さらに上質な高級感が私を虜にしてしまいました。
胡蝶蘭を見た時に、誰しも「花」のそのものに感動いたします。
企業が贈答用として、よく贈り物に使います。

 

化粧蘭1

 

実際は、社長就任のお祝いに「胡蝶蘭」を
贈ろうする 経営者は沢山います。

 

しかし、胡蝶蘭を貰った社長さんは、「感動」しているでしょうか・・・

そこに「感動」を吹き込むサービスを
戦略的に行っています。

 

贈る方と贈られる方の「関係」や「好み」、
さらに「差別化する方法」(貴方好み)を
事前にお聞きしてます。

山元賢治さんも、「感動」を生み出せるサ―ビスが、

起業にとって、決定的な戦略であると言いきってます。

 

P1020153

 

まとめ:弊社のビジョン
「胡蝶蘭をとおして、贈る人の気持を贈られる人に伝え、
お互いに「感動」していただけるサービスを提供する」

 

これが弊社の「ビジョン」です。

1分間動画で「ビジョン」を表現してみました。
ご覧ください。

https://sori-yoshida.com/

instagram.com/shyoshid

最後に次回は会社の経営で最も重視することについて語ります。
会社の経営で最も重視するのは、従業員の成長だ!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください